新型インフルエンザ対策備蓄品通販ネット

最新情報

ドクターマスク

ブリッジキーパーで口元に空間が生まれ、
長時間着用でも疲れません。

アンチフォグフィルムでメガネの曇りや
目の乾燥を防止。

0.1ミクロンの物質を99%遮断する、
医療フィルター、サブミクロンフィルター採用。

飛沫をプロテクトする外カバー、
サブミクロンフィルター採用の高ろ過性、撥水性フィルター、
抗菌・防臭処理フィルターの高機能の三層構造マスクです。

タグ

2009年5月 7日|

カテゴリー:マスク, 備蓄品

新米!【平成20年産】大潟村産あきたこまち玄米30kg

人数の多いご家庭の新型インフルエンザによる
パンデミック時の備蓄米として30Kgありますので
最適です。

もちろん、あきたこまちですので
普段のお米としても美味しいです。

玄米のままか精米するかを選べます。

30kg袋ですので小袋ではありませんので
保管には注意してください。

タグ

2008年11月28日|

カテゴリー:備蓄品,

平岩はじめ匠の生産者が育てる安心栽培 20年産新米愛知県産こしひかり 10kg(5kg×2)

新型インフルエンザによるパンデミック時の
備蓄として、また普段食べるお米として
愛知県の平岩さんはじめ匠達の作る
こしひかりはいかがでしょうか。

2008年度産の新米です。

タグ

2008年11月28日|

カテゴリー:備蓄品,

【新米】■新潟県20年産コシヒカリ10キロ 5,480円(2キロX5袋)

新型インフルエンザによるパンデミック時の
備蓄とはいえ、美味しいお米を食べたいですよね。

新潟産コシヒカリ、新米です。

柔らかくムチムチした食感が特徴です。

玄米・白米・無洗米・7分・5分・3文分と
精米方法も袋ごとに選べます。

備蓄するお米としては贅沢かも知れませんが
必要がなければ食べるお米ですので
美味しいお米を選ぶのもいいと思います。

タグ

2008年11月28日|

カテゴリー:備蓄品,

米の備蓄について

主食である米の備蓄は新型インフルエンザによる
パンデミックが起こった場合、重要です。

といっても多く備蓄しても食べる前に米が悪くなりますので
ご家族で一ヶ月で食べる米の量の倍くらいを常に備蓄して
おくといいでしょう。

大人の方で月、5Kgが消費する米の量の平均と
いわれていますが最近ではパンや麺なども多く食べますので
もう少し少ないかも知れません。

ですから4人家族で月15kg~20kgですので
備蓄品の米として20kgの米を用意しておけばいいでしょう。

そして一月経って備蓄した米を使わなければ
その米を次の月に食べて新たに購入した米を
備蓄に回すといった方法がいいでしょう。

ただこの計算は平均で考えたものなので
各ご家庭の一ヶ月の米の消費量から
備蓄しておく米の量を考えてください。

新型インフルエンザによるパンデミックの期間は
2週間~2ヶ月くらいといわれていますので
米が1ヶ月分余分にあると他の食糧の備蓄と
合わせて考えるとまず大丈夫だと思います。

タグ

2008年11月28日|

カテゴリー:備蓄品,

1  2